カテゴリ:食べもの( 48 )

f0136014_10445197.jpg

今の季節だけの美味しさが詰まった一粒、宝掌殊(ほうしょうじゅ)
岡山産のマスカット・オブ・アレキサンドリア一粒一粒に求肥をまとわせて砂糖をまぶした果実菓子

このお店の夏菓子は頂いたり購入したりで、ほとんど食べているのですが、この宝掌殊だけは食べたことがなかった、念願かなって食べることができました。

果実がいっぱい詰まっていて美味しかった ♪
[PR]
f0136014_1015166.jpg
息子達が小学生の頃に圧力鍋で炊いた玄米ご飯を食べていたのを思い出し・・・

頚髄損傷の夫の便通改善のため、また玄米食にしたものか、あれこれ考えた末に手軽に食することができて効果が期待できる「麦」を食べることに決め、ネットで調べると、この「もっちり麦」と兵庫県推奨ブランドの「もちむぎ麺」の評判が良いことを知って少し購入して試してみました。

食べ始めて、まだ1ヶ月ですが、その効果にビックリ。
麦というと口に入れるとポロポロするものと思っていましたが、もっちり麦は名前のようにもっちりして白米と一体となって美味しいのです、新しい発見でした。
[PR]
f0136014_10192713.jpg
飲んだ後のお茶っ葉が美味しいと聞いたので、ちょっと試してみました。
美味しそうに見えるように器にもこだわって
2服飲んだ後のお茶っ葉に、ゆずぽん酢をかけて、、う〜ん微妙です??
[PR]
f0136014_22561019.jpg


「トキワのべんりで酢」なるものを頂きました。
もともとお酢を使って料理する事が多い我が家なのですが・・・
夫が久しぶりに食べたいと言うので、ピクルスを作ってみましたが「甘い、甘い、私には甘すぎる」お酢を足して調整すれば良かったと後悔していたら、酸っぱいのが大好きな夫が「美味しいじゃないか♪」って嬉しそうに言うんです。

実は夫は
脊損後から味覚が変わってしまって、あんなに大好きだった梅干しも「酸っぱい、酸っぱい」と言うようになって・・・「少しは食べないとね」と、ちょっと強引に食べさせていますけどね(笑)

このべんりで酢は甘みが強いので、それを分かった上で料理に使えば問題はなく、お寿司や肉料理、サラダなどなど、とても重宝しそうですね。

私は自分で調合した方が良いかな〜

<べんりで酢を使ったピクルスの作り方>
べんりで酢に粒黒こしょうと唐辛子とローリエを入れて一煮立ちしたら、熱湯消毒したガラスの容器に詰め込んだ野菜の上から、そ〜と注ぎ込み蓋をします。
冷めたら冷蔵庫で保存します。
[PR]
f0136014_1037206.jpg

大将季は、鹿児島県で改良品種されたデコポンだそうです。
いつも食べている熊本や愛媛のデコポンは爽やかな味なのに比べ、こちらのデコポンは糖度が高く濃い味が特徴で、デコポン好きにはたまらない。

今の時期はハウスなのでちょっと高いけど、評判を聞いてJAの方から購入しました。
[PR]
f0136014_19402457.jpg
奥久慈の地玉子を使い、その玉子の殻を容器にした Quatreキャトルのuf pudding
昨日、長男から電話があり「今秋葉原にいるんだけど何か欲しいものがあったら買って行くけど」と、突然言われて「スイーツ」と秋葉原とは関係ない的外れな事を言う私に買ってきてくれたのが、このuf puddingでした。

f0136014_19584292.jpg

イチゴと
チョコレートと
プレーンの3種類
とっても
美味しかったね〜お父さん♪
[PR]
f0136014_1444895.jpg
朝食後にいつも食べているヨーグルト、食べ終わった後にプラスチックと紙に分別しなければなりません。
しっかり貼り付いたラベルを指先で剥がすのが大変だったのですが、最近変化がありました。
張り合わせ部分が5ミリほど浮いた状態で販売されているのです。
簡単に剥がせるようになって、、、
些細な事ですが、ダノンジャパンさんの心遣いが嬉しくて書いてみました。
[PR]
f0136014_21375034.jpg

f0136014_21434828.jpg 苺シロップをたっぷりしみ込ませた苺ベリーバウム
以前食べたバームクーヘンにメープルシロップしみ込ませたマダムブリュレも美味しかったけど・・・
今日食べた苺ベリーバウム
こちらは甘さ控えめで上品なお味、まろやかな苺味が素晴らしかった。



明日は近くのカーブスに無料体験に行く予定
元気に健康的な毎日を過ごせるように「日々の疲れを取り体をほぐせたら」と考えました。
会員になるか、結果は報告しますね。
[PR]
f0136014_2115052.jpg
ひな祭りといっても長男は仕事で忙しく、夫と2人きり。
夕食は鯛を焼いて簡単に済まそうと考えていたら、長男から「これから帰る」の電話が「鯛を焼いただけじゃ足りないぞ」と慌てた。
急ぎ近くのスーパーでお刺身の盛り合わせとイクラと大葉を購入、夕食メニューは海鮮ちらし寿司に変更。

醤油大さじ5とみりん大さじ2を合わせた中にお刺身を浸け込み、その間にすし飯の上に炒り卵と大葉を散らし、その上に醤油とみりんのタレから取り出した切り身の刺身を並べて大葉とイクラを散らす。
簡単に作れて豪華に見える海鮮ちらし、慌てて作ったようには見えないでしょう。
日本酒で乾杯して、3合炊いて作った海鮮ちらし寿司をペロリと平らげ満足の夕食になりました(笑)


f0136014_751992.jpg もう一品は
茄子の甘味噌和え
味噌、醤油、砂糖、蜂蜜、ごま油を混ぜて味噌ダレを作っておき、切った豚バラと茄とピーマンと椎茸を炒めて茄子がしんなりしたら、野菜が柔かくなり過ぎないように気をつけて味噌ダレで一気に合えました。
蜂蜜が好きなので料理にも砂糖代わりによく使いますコクが出て美味しいでよ。


海鮮ちらし寿司を食べて久しぶりにひな祭り気分を味わいました 、長男のおかげかな♪
[PR]
昨日、夫が栗と柿を抱えて早めの帰宅「耳鼻科に行って来る」と、午後の診察に間に合うようにと慌てた様子で帰って来ました。
栗と柿は会社での貰い物らしいのですが、栗を持っていく人がいなかったので「俺が貰ってきた」という事のようでした。

以前から「耳鳴りがする、聞こえにくい」などど言っていたので、ようやく診てもらう気になったのかと一安心しながらも、ちょっと結果を心配しながらの栗の渋皮煮の作業になりました。

f0136014_10221275.jpg収穫後の保存状態がどうだったのか、栗おこわにも使いたいので1個皮を剥いてみると、実が堅くシワシワ、かなり乾燥している状態「この栗で渋川煮を作っても大丈夫?」不安な気持ちで作り始めましたが…
栗の皮を剥いた後にアク抜きのために重曹入れた水で煮るのですが、その時間を5分ほど長く煮てみました。
煮汁が真っ黒に、十分にアクが抜け栗も柔らかくなりました。
f0136014_11301986.jpg
見るからに乾燥していた栗でも、柔らかくこんなに美味しく出来上がるんですね、感動です。

f0136014_7155915.jpg栗の渋皮煮の作り方はこちらに

そう言えば、夫が
「乾燥しているから旨味がギュッと凝縮して逆に美味しいんじゃないか」
なんて笑いながら言っていたけど、それも嘘じゃないかも(笑)


夫の耳は、耳掃除の時に中を傷つけてしまい炎症を起こしていたとの事で、その他の異常はなく耳の中を洗浄して薬をつけてもらい、スッキリした顔で帰って来ました。
医師からは耳の掃除は綿棒でするようにと言われたそうです。
耳あかも人それぞれで、夫は柔らかく私は乾燥しているタイプ、耳の掃除も定期的にお医者さんでしてもらった方が良いのですね、そのうち私も行ってみようかな♪
[PR]