<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

f0136014_9534395.jpg
昨日の花曇りの日曜日、屋形船で情緒溢れる春のひと時を満喫してきました。冬に逆戻りしてしまったような寒さでしたが、隅田川沿いの美しい桜並木を目にし、寒さも吹っ飛んでしまいました。
f0136014_954167.jpg
     満開の桜とカモメ、とっても美しい光景でした。
ただ残念な事にここにいるカモメ達は餌を貰う習慣がついているようで驚くほど近くまで飛んできて怖かったですよ〜「生態系が変わってしまうので止めよう」と言われていますが、まだまだ餌をあげる人が多く、中々難しいようですね。
f0136014_9541552.jpg
屋形船の中では美味しい料理に舌鼓、お酒も入って和気あいあいと楽しんで来ました。
f0136014_9543727.jpg
   靖国神社の桜も見事でした。ついでにお参りも・・・
千鳥ケ淵の桜の木の下も歩きたかったのですが、大勢の人の行列で前に進まない状態、もう〜諦めざるをえませんでした。
f0136014_9544991.jpg
東京の桜開花予想の標本木にもなっているのがこの「靖国の桜」チラチラ散り始めていました。

なぜ屋形船かといいますと・・・
夫は仕事の関係から屋形船での夜桜の観賞を経験しており、いつも自分だけで申し訳ない、その素晴らしさを私にも実感して欲しいと思ったようです。今回は夜桜ではありませんでしたが十分に楽しませてもらいました。「今度は夜桜だね〜」と言う夫の言葉を楽しみに桜観賞は終わりました。

ファルコンと散歩した我が町の公園の桜並木も、もう直ぐ満開です♪
[PR]
f0136014_6315659.jpg
       あいちゃん、ちょっと変ですよ?
f0136014_6355043.jpg
ちょっと小ぶりなシッポは真っすぐできれいな形をしていますが…時おり見せるクネッと曲がったシッポの先端、笑いを誘っています♪
f0136014_6344944.jpg
寝ている間もシッポの先で受けを狙うあいちゃん〜なんて楽しい子なんでしょう(親ばか)
[PR]
f0136014_12195747.jpg
   早朝から降り出した雨が今も静かに降り続いています
手前に雨を避けて置いてあるフレンチラベンダー その左側ラティスには、つるバラのポールズヒマラヤンムスク 5月の開花に合わせるように、たくさんの若葉が伸びてきました。まだまだ寂しい姿ですが、待っている私の気持ちは今からワクワクです♪

昨日の庭から
f0136014_12533696.jpg
            花かんざし
今年で4年目、高温多湿を嫌うので夏場だけ涼しい日陰て管理すれば毎年咲いてくれます〜可愛いでしょう♪
f0136014_12535948.jpg
           ヒマラヤユキノシタ
桃色という表現がピッタリな色合いで可愛らしい、繁殖力旺盛でたくさんの花をつけ玄関前を賑やかにしてくれています。
f0136014_12562229.jpg
             雪割草
生け垣の根元で咲いていたのに気づくのが遅れてしまいました。ひっそりと、いじらしい花です。

数年前からの夏の変化、亜熱帯のような蒸し暑さの中での庭作業、加齢もあるのでしょうね〜辛いと感じる時があって「少し手抜きをしよう」と、2年前からは植え替えの多い一年草の花をできるだけ少なくし、バラの木(地植え)や宿根草を増やしました。だからという訳でもないのでしょうがバラの木のまわりが寂しく、そのうえ半日陰の庭の宿根草ゆえなのか、土の中から出てきた芽の成長が遅いような?今はちょっと我慢の時かな〜なんて思ってみたり、楽しみが長く続くような嬉しさもあるのですが…(笑)
[PR]
f0136014_1482140.jpg
写真を撮ろうとテーブルの上に急須を置くと、あいちゃんも興味をもったようでジャンプしてやって来ました♪
f0136014_1483385.jpg
   この急須は常滑で作陶する水野博司さんの象嵌急須です

急須、土瓶だけしか作らないという、こだわりの陶芸家。茶漉部分は別の業者に注文して取り付ける急須が多い中、水野氏の急須はすべてハンドメイドで、ひとつひとつ細かな穴をあけて制作しているそうです。市販の茶漉しなど取り付けなくとも最後の一滴まで注ぐごとができ、お茶の味がひと味もふた味も美味しい、感動の急須なのです。
f0136014_175622.jpg
お茶が大好きな私は、この急須に出会う前も形や色にこだわって選んでいたつもりでした。もちろん金属の茶漉しを使わなくてすむように、お茶の方を選んでいたのです。ところが、この急須を使うようになって、その考え方が大きく変わり「急須でお茶の味が変わる」という事を実感するようになりました。

左の急須の容量は400cc、右の急須は330cc、梨のような手触り感があり、その時の人数によって2つの急須を使い分けています。
水野博司さんの急須と出会ったのは3年前、それ以来水野さん一途、この急須を愛してやまない一人です(笑)

(茶漉部分の画像は17時10分に追加しました)
[PR]
f0136014_929115.jpg
     F1ナチュレ ブロンズシェード(パンジー)
想像していたよりも明るく、美しい色合いに感動してしまいました
f0136014_9301077.jpg
こちら手前にもブロンズシェード、奥にナデシコ、ビオラのオレンジとパンジーのフランベ・テラコッタシェード、その奥にはプリムラが・・・見えませんね(笑)
f0136014_9302416.jpg
         ソルベYTTオレンジ(ビオラ)
昨年に引き続き庭を飾ってくれています。華やかな魅力がありながら派手さがなくて大好きなビオラ。

我が家の庭は半日陰なので日当りの良いお庭に比べると成長が遅く満開の時期もかなり遅れ気味、鉢いっぱい溢れんばかりに咲くパンジーやビオラを楽しむのは、もう少し先になりそうです。
[PR]
オリエンタリス種
f0136014_1358156.jpg
    今年も淡く美しいピンクのクレナイが咲いています
f0136014_13582772.jpg
           イエロースポット
f0136014_1358399.jpg
たくさんの花をつけ豪華に咲きほこるイエロースポット、見応えがあります。その奥にクレナイも咲いているのですが背が高く元気なイエロースポットに隠れてしまいました。
f0136014_140776.jpg
     丸い蕾が可愛い梅花咲きのリビタス(原種系)
地植えだったのですが昨年の厳しい寒さが応えたのか元気がなく、心配しだすと気が気ではなくて〜慌てて鉢に植え替えて軒下の日当りの良い場所に置き様子をみました。なんとか復活したようで嬉しい、でも株は小さいですね。
他のクリスマスローズに比べ、かなりデリケートなようで大切に見守らなくてはいけないようです。

昨年購入したオリエンタリス・ピコティー(ダブル系)に蕾が見当たらない、楽しみにしていたのに・・・
これからに期待していいのかなぁ〜♪
[PR]
f0136014_2032588.jpg
     ミラノ姉、あいもベットに入れてくだちゃいね ♪
        相変わらず強引なあいちゃんです
f0136014_2033830.jpg
            首はやめて!!
f0136014_2035018.jpg
     そうそう〜優しく、あいちゃんは良い子だもの
f0136014_2041322.jpg
        落ち着かない子ですね・・・
f0136014_2042925.jpg
         どうしたいのでしょう?
f0136014_204507.jpg
      そ・その手を上げてくれ〜つぶれるぅ
f0136014_2051989.jpg
  どんな過酷な状況でもミラノは優しいお姉さんなのです(笑)
[PR]