<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0136014_12049100.jpg
        と、とんでもない事態に・・・
今日はエアコンのクリーニングの日、ダスキンの担当者が2台のエアコンの試運転を始めました。
す、するとリビングのエアコンだけがピッカピッカ点滅を始め〜異常事態です!「室外機が動いていないのだろう、使い始めて何年経ちますか?」すでに10年以上経っていると伝えると「メーカーに問い合わせて聞いてみましょう」ということになり自己点検の方法を聞き、試してくれたのですがピッカピッカは止まりません。
室外機の修理を頼むか、新しいエアコンを購入するか決断しなければなりません。今まで10年以上もフルに活躍してくれたエアコン。「ファルコンのためのエアコンだった」と言っても大袈裟じゃなく本当によく動いてくれました。年数も経っているので今回は修理ではなく新しいエアコンを購入することに決めて、クリーニングは1台だけお願いしました。

画像の上、右隅に写っているグリーンの扇風機、この扇風機は10年どころじゃない15年以上経っているかも…今、長年使っているテレビや扇風機が原因の火事が多いと聞きます。この扇風機も音がうるさくなってきました〜危険な条件を十分満たしています。
こちらも買い替えの時期がきているようです。

ハリソン・フォード
[PR]
by falcon.s | 2008-06-24 12:51 | 雑記
f0136014_116485.jpg山形から真っ赤なさくらんぼが届きました。
お礼の電話をすると「今年は雨が降らなかったので、ちょっと小振りでしょう〜だから甘みの強いさくらんぼになったんだよ」と、おっしゃっていました。雨は降りすぎても困るけれど、降らなくても困るんですね。「今年はうすい」とも、「うすい」とは木になるさくらんぼの数が少ないという意味だそうで、ガッカリされている様子が電話口の向こうからも伝わってきました。「収穫大変でしょうけど体に気をつけてね」と言うと「もうほとんど終わったから」と…いつもならまだまだ忙しい時期なのに、本当に不作なんだと複雑な思いで、さくらんぼを眺めています。
[PR]
f0136014_1223775.jpg
       「あいちゃん〜」と名前を呼ぶと
一目散に飛んで来て「ウギャー」と鳴き、ひっくり返ってお腹を出しクネクネゴロゴロ、愛情表現が上手なあいちゃん。
もう〜可愛くて可愛くてたまりませ〜ん♪
ファルコンに仕草がそっくりで、みんなの笑いを誘っています。
f0136014_12231636.jpg
側に来たことに私が気づかないでいると「ここにいるよ」と「フギュフギュ」と喉を鳴らし教え、ジーート私を見つめています。
未だに「ニャ〜ン」と猫らしい鳴き声を聞いた事が一度もなく「ウギャー」「フニュフニュ」などなど、微妙で表現できない声を発しているあいちゃん。一度でいいから「これぞ猫だ」という元気な鳴き声を聞いてみたいものです(笑)慎み深いあいちゃん♪

*しばらくの間コメントをお休みにしますので、よろしくお願い致します。更新は続けていきますので覗いていただけたら嬉しいです。
[PR]
f0136014_18472826.jpg
            今日の庭
地植えのガクアジサイと鉢植えのハイドランジア未来が満開です
f0136014_18471969.jpg
            ガクアジサイ
長い付き合いのガクアジサイ、今年もたくさんの花を付けています
f0136014_1847875.jpg
          ハイドランジア・未来
今年が3年目、長男からの母の日のプレゼントに花をもらったのは、このアジサイが初めてでした。
f0136014_18473849.jpg
挿し木したハイドランジア未来、枯れる事なく元気に青々としているので一安心、根が出ていると良いのですが・・・もう少し様子を見ることにします。
[PR]
by falcon.s | 2008-06-19 19:08 | 庭の花
今回の長野への旅は自転車でのんびりと散策できればいいな〜と考えて、折りたたみ自転車2台を車に積んで14日早朝出発しました。
(自宅から熊谷、本庄市を抜け富岡市へ)
f0136014_15355140.jpg
    途中立ち寄った富岡製糸場の跡地(群馬県富岡市)
日本の産業革命の原点、近代工場の発祥の地として世界遺産(文化遺産)の登録を目指しています。
世界遺産は「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」に分類され、文化遺産にはピラミッド(エジプト)、ベルサイユ宮殿(フランス)万里の長城(中国)などがあって、現在、世界遺産リストに登録された文化遺産は660あるそうです。

見学も終わり車に戻ろうと歩いていると長男から「大丈夫だった?」との電話「えっ…どうしたの?」、「地震、大きな地震があっただろう〜」と言うのです。驚いて車に乗りラジオを聞くと大地震が起きていました。震源地の近県に住む知人友人に電話をかけ無事を確認、それでも不安な気持ちはおさまらず、ラジオの地震情報を聞きながら富岡製糸場を後にしました。家で留守番をしてくれているミラノとあいちゃんを気遣いながら・・・


幾つものトンネルをくぐり、そのたびに変わる山並みや町並みを眺め、棚田の美しさに感動し、長野の美しさに時を経つのを忘れ〜着いたところは
f0136014_161388.jpg
             善光寺 
1998年(平成10年2月)行われた長野冬季オリンピックの開会式では、善光寺梵鐘が世界平和の願いを込めて全世界に向けて響き渡りました。オリンピックを思い出します。
今年は聖火リレーでも話題になりましたが・・・
(富岡ICから上信越自動車道、須坂長野東ICで一般道へ長野市)
f0136014_16203.jpg
参拝客もほどほど、梅雨時のシーズンオフという事もあるのでしょうね〜混雑もなくお天気にも恵まれ参拝日和でした。
f0136014_1621113.jpg
参拝を済ませ、昼食をとるために戸隠ループラインで戸隠村を目指して1時間弱のドライブ、美味しい戸隠そばでお腹を満たした後は戸隠高原より信濃町に出て、野尻湖を一周してホテルへ。
夢中で戸隠そばを食べてしまい、撮るのをすっかり忘れていました。

のんびりと朝風呂に入り(温泉)朝食を済ませホテルを出発、途中見かけた美しい山村風景
f0136014_1622176.jpg
      雲の上に浮かぶ山は妙高山でしょうか・・・

美しい景色を眺めながら信濃町ICから上信越自動車道で小布施PAへ、ETC出口から一般道へ出て、情緒溢れる小布施の町へ到着です。
江戸時代には、北信濃の経済の中心地として栄え、北斎や一茶など多くの文人墨客を招き、その中から小布施独自の文化が生まれてきたそうです。
f0136014_16564116.jpg
商店の奥に入ると庭があり、その庭がオープンガーデンに、自由に散策でき通り抜けられるようになっています。
表通りに面した商店の画像が一枚も無く、すべて裏通りを写した画像だけ「まいったなぁ〜」てっきりお店も写してあると思っていたのですが、一枚も撮っていなかった。
f0136014_16565596.jpg
       朽ちかけた土塀や路地が残されています
f0136014_1657579.jpg
  抹茶と一緒にいただいた栗かの子は甘くて美味しかった♪
栗と北斎と花の町と言われるように小布施の栗は600年の歴史があるのだそうです。

北斎館から高井鴻山記念館、おぶせミュージアム・中島千波館、日本のあかり博物館、岩松院、そして小布施の住人達の素晴らしい個人庭園はオープンガーデンとして公開されていて、ほとんどが半日陰のお庭、見たこともない珍しい植物との出会いや、青々とした葉の美しさに感動すら覚えました。

表の町並みよりも裏通りを好んで見て回った小布施、大型の観光バスが駐車場にずらりと並び、大勢の人で賑わい、せっかく持って来た折りたたみ自転車は、今回は残念ながら出番がありませんでした。
小布施の散策を終え、須坂市穀町にある豪商の館・田中家本家博物館を見学、この穀町は自然な情緒が残っていて歴史を感じる古い町並みが続きます。菅平高原から真田町を通り東部湯の丸ICより上信越自動車道で藤岡ICにて一般道へ、時間に余裕があったら安曇野にも足をのばしたかったのですが、今回は無理をせず次回に楽しみを残して家路を急ぎました。

家に着くと、ミラノとあいが仲良く並んで待っていました♪
[PR]
f0136014_13315421.jpg
             6月2日
    桃色が美しい ザ・フェアリー(ポリアンサローズ)
f0136014_1350494.jpg
    ポツリポツリと咲き始め色の移り変わりも楽しい ♪
f0136014_13575976.jpg
             6月7日
         丸弁平咲き 花径 3センチ
       小さくても、とても華やかで豪華です
f0136014_13582254.jpg
         花もちが良く淡い香りがします
f0136014_1358316.jpg
            6月10日
枝先に円すい状の房になって咲くザ・フェアリー 春から秋まで咲き続け、結実しにくいため花がら摘みの必要がなく丈夫で扱いやすいミニバラ。我が家では、強剪定で小振りな鉢でコンパクトに仕立てていますが、弱剪定で大きめに育てることも出来ます。

9年前、このザ・フェアリーを隣町のバラ園で購入した時には花が咲いておらず、小さな鉢に付いていた名札にはミニチュアローズとだけ書いてあって正式な名前がありませんでした。咲けば分かるだろうぐらいの軽い気持ちで、あまり気にも留めなかったのですが、昨年頃からミニチュアローズと表記するのも気が引けるようになって調べ始めました。色合いが「レンゲローズ」に似ていたこともあって、もしかしたらと考えていたのですが、レンゲローズは一重だったと分かり、今回改めて調べ直したところ「ザ・フェアリー」と言う名前のミニバラだと分かり、一安心しています。

美しい名前があるのですから、ミニチュアローズと一緒くたに片付けられては可哀想ですね。
[PR]
f0136014_971717.jpg
       ここは渡良瀬遊水地の中にある谷中湖

f0136014_015150.jpg昨夜のうちに話し合って決めていた今日のサイクリングは、近くの権現堂の桜並木の下に植えてあるアジサイを観に行く事だったのですが、急遽トランジットセブン(折りたたみ自転車)を車に積んで目的地を渡良瀬遊水地に変更、早朝6時の出発となりました。ファルコンとの10年以上の生活で、しっかりと身に付いた早起き、日曜日だからと、のんびり寝るなんて〜もったいなくて(笑)
f0136014_033118.jpg
「この水の匂い、この草の匂い、子供の頃に遊んだ場所と同じ匂いだ、やっぱりいいなぁ〜」と、童心に戻ったような笑顔で走る夫・・・
農村地帯で自然の中で育った夫には懐かしい匂いのする場所だったようです。

渡良瀬遊水地に変更して良かった♪

渡良瀬遊水地は埼玉、茨城、栃木、群馬の4県にまたがる我が国最大の遊水地です。自然環境は緑豊かな広大なヨシ原が特徴で、これほどの環境を持つヨシ原は稀で全国でも最大級の規模だそうです。自然環境が保全されているところとして、とても貴重な存在で、その広大なヨシ原には多数の動植物が生息・生育しています。かつては全国各地に生息していたのですが、生息環境の減少などによりその数は減り続け、関東地方では大変貴重な場所で、渡良瀬遊水地は「活きている自然の博物館」と言われているそうです。
f0136014_23113857.jpg
「クワゴ」と言って桑の実です。あの蚕が食べるのが、この桑の葉、桑の木があるなんて、とても珍しかったので撮ってみました。

今日は良く走りました〜坂道も全速力で登ったし、景色を眺めながらの走行にも余裕が出て来たような・・・
「来週は遠出をするぞ」と今から張り切っている夫に「えっ、来週も行くの?」と、内心落ち着かないのです(笑)
[PR]
f0136014_1292319.jpg
      ボニカ 82 (修景用バラ 花径7センチ)
f0136014_121166.jpg
  少しフリルがかった丸弁平咲きが美しく、とても印象的です
f0136014_1222922.jpg
  花の形を維持できないほどのたくさんの蕾に囲まれて・・・
f0136014_1224238.jpg
   とっても愛らしい房咲き、嬉してワクワクしてきます♪
f0136014_1225579.jpg
 蕾から花へと開き始める様子からも愛らしい雰囲気が漂います
        風が止まず微妙にゆれています〜
f0136014_12399.jpg
我が家に来て2度目の初夏をむかえた「ボニカ 82」このように正しい名前で呼ぶのは今日が初めてなのです。今までは「ボニカ」とだけ呼んでいました。バラのタグ類を整理していて気づき、慌てて調べてみると「ボニカ」と命名した他品種があったために1982年メイアン(作土・フランス)が「82」を付して命名したそうです。
タグをしっかり見ていなかったための間違いでした。しっかり「82」と書いてあったのに…早とちりもいい加減にしないと〜反省です。
正しい名前が分かっただけでも良しとしなくっちゃ〜(笑)
f0136014_1231772.jpg
5月20日頃から咲き始めたボニカ 82、何度か花がらを切ったこともあって花数が少なくなりましたが、まだまだたくさんの蕾があり次々と咲き始めており暫くは楽しめそうです。花期が長いので一番花が終わってちょと寂しくなったバラ達の分も庭を華やかにしています。
先日、我が家で冬越ししたコリウスとヒューケラ、追加購入したコリウスなどを寄せ集めて鉢植えを作り、いつもの定位置であるボニカ82の隣に置きました。
[PR]
f0136014_13432338.jpg
シッポを伸ばしたままで食べているミラノ、几帳面にシッポを丸めて食べるあいちゃん、性格が出ているようです(笑)
f0136014_13433539.jpg
ミラノは器に顔を埋めて黙々と食べ、あいちゃんはいったん器からドライを取り出してから食べる、手で取り出す時と直接口でくわえてから下に置き、改めて食べ直すなどの二度手間を掛けて〜何か意味があるのでしょうね?
ヒルズのネイチャーズベストの白身魚&玄米とチキン&玄米をミックスして食べています。ネイチャーズベストが新しくなってから黒っぽかった便の色が黄土色に変化し、少し不安もあったのですが、先日のミラノのワクチン接種時の便の検査で異常がない事が分かり、このままネイチャーズベストを続けようと思っています。ミラノもあいちゃんもペロリと平らげてくれるので…嬉しい瞬間です(親ばか)
[PR]
f0136014_113457100.jpg
    ハイドランジア・未来の挿し木は今回が初挑戦です!

f0136014_11491782.jpg新芽の上から15センチ位のところで切り取り、1節目の葉を半分に切り2節目の葉は取り除きます。我が家ではバイオゴールドバイタルを液肥として使用しているのでアジサイの挿し木でも100倍に薄めた液を使いました。全体が浸るようにして一時間位浸してから挿します。葉を含めた全体を浸すことで発根を促進し、その後の生育を良くします。一般的には切った部分を水に一時間ほど浸します。
f0136014_11494391.jpg

市販されている挿し木(挿し芽)用土にパーライトを20パーセントほど混ぜると根腐れ防止効果があり良いと思います。
f0136014_1157314.jpg
大きめな穴を開け2節目が土に埋まるように、しっかり挿しました。
乾燥しないように水やりを忘れず霧吹きも効果的、それでも不安な時はビニール袋をかぶせる方法も良いそうです。
置き場所は明るい日陰で約2〜3週間ほど…根(2節目から)が出て来たら日当へ移動し管理します。鉢への植え替えの目安は1ヶ月ぐらいで大丈夫だと思いますが、鉢植えなので乾燥には特に気をつけて、梅雨明け後は朝晩の2度の水やりが必要になって来ると思います。

ハイドランジア未来は耐寒性が弱いので鉢植えにし寒い冬場はデッキ上の日当りの良い軒下に移動するなどしながら育てています。
そんなデリケートな未来ちゃん、今回の挿し木は大丈夫でしょうか〜成功するとよいのですが心配です。
[PR]